包茎クリニックでの治療方法とは?

誰にも言えずに悩んでいる人が多いのが包茎です。
包茎にはいくつかの種類がありますが、大きく分けて仮性包茎と真性包茎があります。
仮性包茎は、日本で最も多い包茎のタイプで、勃起すれば包皮がむけて亀頭が露出するか、手で包皮をむけば亀頭の露出が可能な包茎です。
男性の場合、思春期以降になると亀頭の部分が大きく肥大します。
仮性包茎の場合、亀頭を露出した状態にするのに、包皮を手でめくる必要があるのです。
絶対に手術が必要な包茎ではないので、手術をしない人もいますが、亀頭周辺に垢がたまりやすいので、炎症の原因になることもあります。
真性包茎は、亀頭先端の包皮が狭くなり、亀頭が外に露出することができない状態で、包皮をむくことができません。
包皮をむくことができないと、勃起した時に痛みが出たり、排尿障害など様々な症状が現れることがあります。
汚れがたまって細菌が繁殖しやすいため、臭いの原因になることもあります。
真性包茎は、放置していると症状が悪化することもあるので、できるだけ早く包茎クリニックなどで治療を受けた方が安心です。
真性包茎の場合は、医療保険が適用できるので、経済的な負担はそれほど大きくありません。
最近は、手術前に丁寧なカウンセリングを行う包茎クリニックも増えているため、気軽に包茎クリニックへ通う男性も増えています。
包茎クリニックでは、様々な治療方法によって包茎の治療を行っています。
真性包茎の治療方法は様々です。
環状切開やバックカットなどの治療方法が有名ですが、その他にも治療方法はあります。
環状切開は、包皮を環状に切り取って縫い合わせる手術をします。
包皮口を縦に切り、亀頭を露出させ、余った包皮を切り取ります。
環状切開は、裏筋を残すので感度に影響はありません。
バックカットは、背面切開のことで、包皮を縦に切って横軸方向に縫っていきます。
包皮を切らないので、切開する範囲を狭くすることができます。